無理な体制で寝ていたら、首がすごく痛くなった

子どもとダブルベッドで一緒に寝ているのですが、甘えん坊のわが子は寝ている時も、無意識でもずっと私にすり寄ってきます。
必ず、体の一部が密着していないと安心できないようです。足や手が私の体の上にドカッと乗っかった状態で眠ります。体が大きくなるにつれて、手足が体に乗ってるだけでも、ちょっと重く感じるようになってきました。
寝る時は、ベッドの中央でお互いが寄り添って寝ています。でも、子供は寝ている間もコロコロと動き回るので、ベッドの端にいったり、私の方へ押し寄せたりします。
大抵、私の方へ寄ってくるので、私の寝るスペースが段々と狭くなってしまいます。
ぐっすり眠っている子供を起こすのもかわいそうだし、狭いスペースでも何とか私も寝るようにしています。
体が完全にリラックスしている状態ではない為、朝起きたら体の何処かが痛くなっていることがよくあります。狭いスペースで横向きになっているから肩が痛くなっていたり、枕を奪われ、首が痛くなっていたりします。
眠っているのに、眠っている間に疲労を溜めるって・・・と自分でも苦笑いしてしまいます。
でも、子供と同じベッドで眠れる期間ってすごく短いと思うので、今、この時期を大切にしたいと思っています。
甘えてきてくれるうちは、おもいっきり甘えさせてあげたいし、親子で沢山のスキンシップをしておきたいと思っています。
と、私はこのように子供を愛しているのですが、子供は親の気持ちを全く理解してないですよね。
朝起こせば、まだまだ眠たくて機嫌が悪いし、朝ごはんのメニューが気に入らなければ不機嫌になるし。
自分の子供時代も同じような感じだったので、仕方がないものだと思っています。
自分が親になって、親の愛情をしみじみと感じる毎日です。
親の愛情は本当に無償の愛ですよね。見返りを求めているわけではなく、子供の笑顔がみたいだけなのです。
今日、子供が笑顔で小学校から帰ってきてくれることが本当に幸せです。